2007年02月16日

手術

021.jpg
現在、生後8ヶ月を過ぎているななちゃん。飼い始めた時から、ななこに子供を産ませる計画はなく、その分、愛情を注ぎ責任を持って大切に育てていこうと考えていたので、早いうちに手術を受けさせなくてはと思っていたのですが、私が体調を崩していたこともあって、伸ばし伸ばしに・・・。

でも、ついに、昨日、その日を迎えました。ななこの避妊手術の日です。
022.jpg

避妊手術を受けさせることについて、私なりに悩むこともあって、本を読んだり、インターネットで調べたり、アンケートで飼い主さんの意見を聞かせてもらったりした結果、子供を産ませる予定がない場合は、早いうち、できれば初回発情期・生理の前に手術を受けさせる方がいいとの意見が多く、メリットは、子宮系の病気や乳腺腫瘍の発症を高い確率で予防できること、ホルモン性の高齢疾患の予防になること、生理と発情期のストレスがなくなること、散歩時にオスのワンちゃん達が寄ってこなくなり、妊娠の心配がなくなることなどがあり、デメリットは、子供が産めなくなること、太りやすくなることがあるとのことで、今後のななちゃんの生活を考えて決断しました。
023.jpg

当日は、手術に備えて朝食は抜き。午後から手術なので、午前中ギリギリまで家で一緒に過ごし、12時に連れて行きました。午前の診察時間は過ぎているので、病院は静か。ななこも静かに膝の上に乗って待ちます。
先生に呼ばれて、検温、触診などのチェック。診察台の上で大人しくしているななこ。「この子は、大人しくてとてもいい子ですね。」と先生。
(そうなんです。ななこはホントにいい子なんです…。)心の中ではすでに涙ぐむ私…。
生理・発情がまだ来ていないうちに手術を受けるのはよかったですよ。と言われて、慰められる。
手術の流れの説明を受けながら、ななこの顔を眺める。大きなあくびをしたりして、私を信用しきっているようなななちゃんを見ると、やっぱり胸が痛くなった。
最後は、先生に抱っこされてお別れ。いつも使っているクッションと最近お気に入りのおもちゃを看護士さんに渡して、病院を後にしました。

ななちゃん、怖い痛い思いをさせてゴメンね。がんばってね。

***

そして、夕方。病院から、ななこの手術が無事に終わったとの連絡がありました。

「あーん!ななこちゃーん!!」とななこの名前を呼びました。

よく頑張ったね。麻酔が醒めてきたら、また、不安になるだろうな。痛みもあるだろうな。側について、なでなでしてあげたい…。

でも、安静のため、病院には2泊して、土曜日に引き取りに行くことになっているので、まだ会えません。今日、電話したら、もう普通に動いているけれど、食欲はないとのこと…。

昨日の夜は、夜勤ニュースから帰ってきた時、ななこがいなくて悲しくて、また「ななこちゃーん!」と大声で名前を呼びました。

明日、迎えに行きます。ななちゃん、不安だろうけど、ゆっくり休んでね。

ニックネーム (’’) at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | わんちゃんグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/860946

この記事へのトラックバック